月の砂漠をホーリーボルト

コメントがつくと喜ぶ
 
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 短冊ハンター2009―前半 | main | 生きててよかった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
短冊ハンター2009−後半
JUGEMテーマ:日記・一般

 短冊ハンティング、後半戦である。




 こっそりわしが書いた短冊も混ぜておいた。当てても賞品はでません。



 

5西が働きやすい職場になって良い看護ができますようにみんなが健康でいられますように

はやく嫁にいきたい。


























 看護婦さんにとっては、病院は職場だ。それぞれの立場にそれぞれの願い。小さく「はやく嫁にいきたい」と書いてある。

あれこれと言う前に
自分の人格を疑え

 七夕の願いを書くはずが、説教になってしまった。まず自分の人格を疑え。


アレもコレも
たべたいよ!




























 この短冊には胸をうたれた。魂の叫びである。


おじさんが一日も早く
退院できますように……
(わがままを言わず素敵な
おじいちゃんでいられますように!)

 「おじさん」と「おじいいちゃん」は同一人物を指しているのだろう。最初はおじさんの退院を願いってるだけだったのに、退院後のあれこれを具体的に想像するうちに、おじさんのわがままが暗雲となって筆者の胸に広がる。人生、奇奇怪怪。




























 自分の事が
 すべて出来る
 幸せを下さい。

 うん。自分のことが自分でできる。これを幸せと感じられるのが病人というものだと思う。


つる
ナイスバディ

 この作品に本年の短冊大賞をさしあげたい。わしなんぞが1年考えたところでとうてい思い浮かばない名作だ。

 
三人の子供の健康と
幸せを絶対絶対お願いします。
ばあばも宜しくね。

 これねえ。短冊を書いた人=ばあばなら問題なし。でも、短冊を書いた人=三人の子供の親≠ばあばだった場合は、ちと問題ありますよ。


降り注げ
果奈の

























 降り注ぐのはよいが、当たると痛いよ。


花を召しませ
ランラララン  ひばり

 こんな短冊もいいもんだ。


呉越同舟

 うーむ。短冊に書くのは願い事だけと決まっているわけではないが、鈴木さんは何が望みなのだろう。同室の患者さんと折り合いがよくないのだろうか。


七夕天の川
最高の人生の終り方が
出来ます様に


 老人病院という場所は、たのどんな場所よりも「人生の終わりかた」が考えられている場所だと思う。それぞれの人が、それぞれの立場で考えている。


世界中の子どもに
良いことを
とどけたい


 世界はまんざらじゃないと、わしも言ってみたい。


世界、戦争と闘争なく
平和でありますように。
世界、インフレとデフレなく
経済成長するように。

 視野がでけえ。でも、戦争と闘争のコンビとインフレとデフレのコンビは、なんか位相がちがうように思えます。


病の私を支えてくれている人たち
「バアちゃん元気になっておいしい
おもちをつくってネ」と可愛いい
声援をくれる孫たちに一回でも多く
お正月のおもちを食べてもらいたい。


 何度でもお正月を迎えるがよい。


病気はするけど
病人にはならない。思いのままに
全力を注げる時間をあたえて
下さい

 そうなんですよ。気持ちが病気にならなけりゃ、どうにでもできるんですよ。


不撓不屈


 12年前に沖縄で見た短冊もまさひろ作だった。短冊向きの名前なのかもしれない、まさひろ。タンザッキー。たんざきまさひろ。


| 日記 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - |
あれこれと言う前に
自分の人格を疑え
確かに・・・反省します。

呉越同舟は色々と想像させるなあ。
入院も長いと他人の些細なことが気になるでしょうし。

闘争、という言葉をこういう場面でも使う人は2周り上くらいなイメージ。
つる、はわからなすぎて想像もできないんですけど、かなの字面がナイスバディっぽいです。

ナゾベームさんのは下から2番目でしょうか。
| バルボア | 2009/07/13 10:37 PM |
>バルボア
 他人を邪魔だと感じるときは、同時に自分が邪魔になってる場合が多い。ここ10年くらいで気付いたことです。

 わしのは下から2番目じゃありません。ああいう大人っぽい字は書けないんです。
| ナゾベーム | 2009/07/13 11:28 PM |









http://nasobema.jugem.jp/trackback/282